ワイン

11月のグラスワイン

こんにちは!

フレンチレストランJour de Marcheジュードゥマルシェのソムリエ前門です。

肌寒い季節となりましたね。
皆様、風邪などひかれませんようお気をつけください。

今月も、旬の食材をふんだんに使った心も体も暖まるメニューに仕上がっております!

そして、今回のグラスワインは、ブルゴーニュ・・・

s_DSC_0012

Chassagne-Montrachet 1er Cru Abbaye de Morgeot 2014
シャサーニュ モンラッシェ プルミエ クリュ アベイ ド モルジョ 2014年です!

シャサーニュといえば、白が有名ですが、もちろん赤も作られます。
アベイ・ド・モルジョはモンラッシェの南に位置する、シャサーニュ屈指の区画で、
畑はシトー派の大修道院(abbaye)の周りを囲むようにあります。
鉄分を含んだ赤い土壌から果実味豊かにして繊細なワインに仕上げります。

さくらんぼや赤すぐりといった赤い果実の香りが中心で、フレッシュですが、
後からキュッと締めるタンニンが心地良く残ります。

今月のメニュー 「マグレ鴨胸肉のロースト ポートワインのソース」と合わせます。

今回も本数限定ですので、なくなり次第終了となります。

皆様のご来店お待ちしております!

〒160-0002 東京都新宿区四谷坂町12-11 BITEN1F                 Jour de Marche ジュー ドゥ マルシェ

Tel 03-6380-5234
http://www.jourdemarche.jp/

 

 

10月のグラスワイン

 

こんにちは!

フレンチレストラン Jour de Marcheのソムリエ前門です!
10月となりすっかりと涼しくなり秋の装いとなりましたね。

当店でも秋の食材が入荷しております。
キノコや木の実、ジビエ・・・、

今月はメインディッシュに「エゾ鹿のロースト グランブヌールソース」をお出しています。

s_320x320_rect_44527564 (2) (1)

合わせるワインは

2000 Chateauneuf-du-Pape / Domaine du Haut des Terres Blanches
シャトー ヌフ デュ パプ / ドメーヌ デュ オー デ テール ブランシュ

s_DSC_0084 (2)

 

シャトー・ヌフのグレートヴィンテージといわれる2000年です!

この作り手、4代続くシャトーヌフ・デュ・パプの生産者。
現オーナー、ディフォンティ氏は「ワインにあまり手を加えすぎることには反対」、「できるだけ自然に任せておきたい。瓶詰前にごく軽いフィルタリングはするけれども、コラージュは行っていない」
と語ります。

熟成感を楽しめる繊細なシャトー・ヌフ・デュ・パプをぜひ、シェフ榎本のジビエ料理と合わせてご堪能下さい!

〒160-0002 東京都新宿区四谷坂町12-11 BITEN1F                 Jour de Marche ジュー ドゥ マルシェ

Tel 03-6380-5234
http://www.jourdemarche.jp/

9月のグラスワイン

皆様こんにちは!

フレンチレストランJour de Marche ジュー ドゥ マルシェのソムリエ前門です。

9月となりました!
夏休みも終わり、夏ももう終わってしまいますね・・・。

皆様はいかがお過ごしでしたでしょうか?

とはいえまだまだ残暑厳しい季節ですね。
葡萄の収穫は今まさにピークです。

今月は行ってみたくなるような、そんな日本のワインのご紹介です。

現在、200を超えるワイナリーが日本中に点在しておりますが、
年を追うごとにその品質の向上はすばらしく、目をみはるものがあります。

そこで今回は、

2012 陽はまた昇る  ココファームワイナリー

s_DSC_0028

ココファームさんは知的障がい者の社会的自立を目指す「こころみ学園」が運営していることでも有名です。売れるワインを造ることが目的ではなく、子どもたちの自立が目的であるために、草刈りからぶどうの選定・出荷まで、全てが手作業。

障がい者が造ったというだけのワインでは話題にはなるんでしょうけど、それだけでは子どもたちの生活が守れないと考え、あくまでも「本物」を追求し続けた結果、業界からも注目され評価されるに至りました。

そしてこちらのワインは2011年から登場した「こころみシリーズ」。

このワインに使われている主要品種は「タナ」という日本ではあまり栽培されていない難しい品種です。

南フランスの「マディラン」の主要品種でそのタンニンの強さから「タナ」と名付けられたワインです。マディランは年間の雨量が多い場所ですが、秀逸な長期熟成タイプのワインが数多くつくられています。 この葡萄なら日本でもうまく育つだろう・・・

そんなワイナリーにとっての初めてのこころみ。
自社畑で作業する子供たちと東日本の契約農家さんの協力のもと出来上がったワインともいえますね。

味わいは、品種特有の土っぽい香りと、プラム、ダークチェリーなど果実の香り、バニラなどのほのかな樽の香りが見事に調和し、なめらかな口当たりと温かみを感じるワインです。

2011年は忘れもしない東日本大震災があった年ですね・・・。

そして、このワインの名前、「陽はまた昇る」は「朝のこない夜はない」
復興への深いメッセージを感じます。

国産ワインの価値観が変わるワインです。

ぜひ、お試しください!

〒160-0002 東京都新宿区四谷坂町12-11 BITEN1F                 Jour de Marche ジュー ドゥ マルシェ

Tel 03-6380-5234
http://www.jourdemarche.jp/

ワインのお持ち込みにつきまして

フレンチレストラン「Jour de Marche ジュー ドゥ マルシェ」では、

ワインのお持ち込みも可能です。

1本(750ml)につき

3200円の持込料(消費税、サービス料別途)を頂戴しております。

記念年のワインや思い入れのあるワイン等

古いヴィンテージのワインは事前にお預かりもしております。

当店ソムリエが管理しサービスさせていただきます。

s_DSC_0483

また、大人数でのお持ち込みのワイン会も承ります。

ご遠慮なくお申し付けください!

 

s_DSC_0439

160-0002

新宿区四谷坂町12-11 BITEN 1F

Jour de Marche ジュー ドゥ マルシェ

Tel 03-6380-5234

http://www.jourdemarche.jp

info@jourdemarche.jp

 

8月のグラスワイン

皆様、こんにちは!
フレンチレストラン Jour de Marche ジュー ドゥ マルシェのソムリエ前門です。

長い梅雨も明け、8月となり一気に夏モードになりましたね!

夏休みやお盆休みなど、新宿界隈へお越しの際はぜひお待ちしております!

メニューも夏メニューへと変わりました。
そんなお料理に合わせてワインも今月は、インポーターさんご協力により、スペシャルなワインが入荷いたしました!

Meursault 1er Cru Genevrières 2009 ! 作り手はBernard Bonin

s_DSC_0014

 

ご存知の方も多いですね!世界的に有名な白ワイン、ムルソーの1級畑ジュヌヴリエール、良昨年の2009年です!

ムルソーはグラン・クリュ(特級畑が)ない産地ですが、原産地統制法が制定された当時、高い税金がかけられることを嫌った栽培者達が格付けを拒否したからだと言われています。

その1級畑のなかでも取り分け評価の高い御三家が「ペリエール」、「シャルム」、「ジュヌヴリエール」です。

「ペリエール」はスケール感の大きい、エレガントな酸と強いミネラルが特徴的
「シャルム」は南国フルーツなどの果実の香りにボリュームがあるのが特徴
「ジュヌヴリエール」は上品な果実味と卓越したミネラルとのバランスが非常に良いのが特徴

とされておりますが、甲乙つけがたい三者三様ですね。
作り手によっても大きく特徴が違いますし。

さて、このベルナール・ボナンという作り手は、1999年からミシュロ・メール・エ・フィーユの名で独立し、
現在は、ヴェロニク&ニコラ夫妻が中心となり”ベルナール・ボナン”と名を代え運営しています。

「できる限り自然に任せ、ぶどうの可能性を最大限に引き出す手助けをしている」という理念のもと取り組んでいるのだそう。収穫は100%手摘み、15か月のオーク樽熟成(新樽率20%)、清澄、ろ過は行わずに瓶詰め。

熟したレモンやパイナップルなどに菩提樹の花や蜂蜜など濃密な香りに加え、ほのかに香るヘーゼルナッツやトーストなど香ばしい香り酸化熟成によるシェリー香もわずかに香るなど、そのどれもが主張しすぎずに見事に調和し非常に官能的な香り。味わいは口に含んだ瞬間、酸味とミネラルがやや強いですが、あとから感じる甘みと、きゅっと締めるほろ苦さが非常に心地よく、長い余韻を楽しめます!

今回、6本のみの入荷なのですが、グラスで1600円と特別価格でご提供致します!

ぜひ、お早めにどうぞ!

〒160-0002 東京都新宿区四谷坂町12-11 BITEN1F                 Jour de Marche ジュー ドゥ マルシェ

Tel 03-6380-5234
http://www.jourdemarche.jp/

7月のスペシャルグラスワイン

皆様こんにちは!
フレンチレストランJour de Marche のソムリエ 前門です!

7月となりました。
今月は夏野菜をふんだんに使用し、この暑さに負けないよう、
酸味を効かせてさっぱりと!
しかし物足りなさを感じさせないシェフ榎本のお料理の数々・・・
ぜひご賞味ください!

そんなこの時期にピッタリなグラスワインを今月も取り揃えております!

今回は、フランスロワール地方のワインです!

s_DSC_0534 (1)

「Menetou-Salon メヌトゥ サロン」

というワインはご存知でしょうか?
ロワール川上流のブルゴーニュに近い サントル・ニヴェルネ地区に位置するワインです。
この地区の代表格といえば有名なサンセールやプイイ・フュメがありますがその西の奥地に位置するのがメヌトゥ・サロン村です。

マイナー産地ですが、歴史は古く11世紀からワイン造りが行われてきました。
キンメリッジ土壌に鉄を含んだ砂岩、海洋性気候の影響を受けるので、サンセールより複雑性やエキゾチックな香りを含みます。

今回ご紹介するのは、
Anthony Girard Menetou-Salon Blanc
アントニー ジラール メヌトゥ サロン ブラン (上記写真左)

アントニー ジラールは、サンセールの「ドメーヌ・デ・ブロス」の長男として生まれ、ブルゴーニュの名門 「ブリュノ・クレール」や「ルフレーヴ」で修行し実家へ戻りますが、将来、仲の良い弟さんと相続問題になるのを回避し2011年に自らドメーヌを立ち上げ、2012年サンセールがファーストリリース。その後、畑を買い足し、このメネトゥ サロンをリリースします。

味わいは、ソーヴィニヨン・ブラン特有のハーブの香りに、レモンやライムなど爽やかな柑橘フルーツにほんのりとアプリコットやオレンジのようなエキゾチックな香りが漂います。生き生きとした酸味とボリューム感のある味わいです。


Eric Louis Menetou-Salon Rouge
エリック ルイ メヌトゥ サロン ルージュ (上記写真左)

エリック ルイはアントニーの友人でもあります。
サンセールに1996年に家業のブドウ栽培を継承し本格的に自社ビン詰めを開始しました。

以降、さまざまな改革を行ってワインの品質を高め、国内外のワインメディアや、フランスをはじめとする各国のソムリエなどから高い評価を受けるようになりました。

ラベルは星の王子さまをモチーフしており、知識や先入観にとらわれることなく、素直な心で「感じる」ものを大事にしたいという想いから。

明るいルビー色に、フレッシュな赤い果実の香り、なんともストレートでチャーミングなワインですが、時間の経過とともにのピノノワールらしい土っぽさや麝香の香りがかすかに現れてきます。

どちらも素晴らしいワインです。
白は、グラス 1350円 ボトル 7800円
赤は、グラス 1250円 ボトル 6800円

皆様のご来店お待ちしております!

〒160-0002 東京都新宿区四谷坂町12-11 BITEN1F                 Jour de Marche ジュー ドゥ マルシェ

Tel 03-6380-5234
http://www.jourdemarche.jp/

6月のスペシャルグラスワイン

こんにちは!
フレンチレストラン 「Jour de Marche ジュー ドゥ マルシェ」の

ソムリエ 前門です。

6月になりましたね!
当店も初夏の食材を使ったメニューへと変わっております!
そんな季節にぴったりなグラスワインをご用意いたしました!

その中でも、今回のスペシャルグラスワインです!

s_DSC_0529 (1)

ご存知の方のほうが多いかとも思いますが、
カリフォルニアのシャルドネの代表格・・・

オー ボン クリマ ニュイ ブランシュ ”レリヴァント”

オーナーは「カリフォルニアワインの怪人」の異名を持つジム・クレンデネン氏、
ブルゴーニュの神様 アンリ・ジャイエにも師事していたことは有名です。

1982年カリフォルニアのサンタ・バーバラで始めら、たちまち世界的に高評価となり一躍有名となりました。
ブルゴーニュの繊細さと、カリフォルニアの力強さが見事に調和したスタイルです

色調は明るい黄金色、レモンやライムの柑橘類に加え、ほのかに香るトロピカルフルーツの香り、ヴァニラ、バターやスパイスの香りまで豊かで複雑。そのすべてが、突出することなく見事に調和しており、
非常にエレガント。味わいも、しっかりした酸味を感じられ、心地よい余韻に浸ることができます。

ペアリングには、お魚料理に合わせてご用意しております。
香ばしく焼き上げたお魚とコブミカンが香るオマール海老のソースがこの濃厚にして繊細な味わいのワインにピッタリです!

グラスでは1650円 ボトルでは9500円 でご提供しております。

数量限定でなくなり次第終了となります。

この機会にぜひどうぞ!

また、先月に引き続いてのニューワールドのワインのご紹介ですが、
当店はフレンチレストランですのでもちろんフランスワインの方が豊富に取り揃えております。

今月は、この時期にピッタリなアルザスワインをグラスでお出しします!

s_DSC_0530

皆様のご来店、お待ちしております!

〒160-0002 東京都新宿区四谷坂町12-11 BITEN1F                 Jour de Marche ジュー ドゥ マルシェ

Tel 03-6380-5234
http://www.jourdemarche.jp/

5月のスペシャルワイン

皆様こんにちは。

フレンチレストラン「Jour de Marcheジュー ドゥ マルシェ」のソムリエ前門です。

すっかり陽気も暖かくなりましたね!
GWは当店も休まずに営業しております!
ぜひ新宿界隈にお出かけの際にはご来店、心よりお待ちしております!

GW突入し、当店も新メニューへと変わりました。
それにともない、今回も珍しいワインをご用意いたしました。

s_DSC_0510

s_DSC_0512 (1)

 

Puriri Hills Clevedon Estate 2000
プリリヒルズ クレヴドン エステート 2000年

熟成したニュージーランドワインです!

プリリヒルズの名前は、敷地内に自生しているニュージーランド原産のプリリツリーから名付けられ、ヴィンヤードは、オークランドの南東に位置する丘陵地、「クレヴドン」と呼ばれる場所にあります。1999年から手作業での生産を開始。

ワイナリーのポリシーは少量でも本当に素晴らしいワインを生産すること、
そして、初期の飲み頃を迎えるまでは決してワインをリリースしない事だそうです。

年間生産量も1000ケースと少なく希少なワインです。

63%メルロ 37%カルメネールです。 ラべリングをした際には メルロとカベルネフランのブレンドであると思っていたそうですが、
その後DのNAによる遺伝子指紋法により、カベルネフランであると思っていた葡萄はカルメネールであると発覚したそうで、
ラベルにはその名残が伺えます。

エキゾチックなフルーツや、花、スパイス感は健在で、熟成感と果実感を共に楽しめます。しなやかでスパイシーなブーケが深みのあるカシスやプラムの香りと共に溢れます。ナッツや皮のニュアンスもあり複雑さ、奥深さが伺えます。

グラス 1,600円、ボトル 9,500円で提供いたします。

ワインコースにはメインディッシュ「岩中豚のロースト タマリンドのソース」と合わせてご用意させていただきます。

今回も本数限定でご用意しておりますので、なくなり次第終了させていただきます。

この機会にぜひ熟成したニュージーランドのワインの世界をご堪能下さい!

〒160-0002 東京都新宿区四谷坂町12-11 BITEN1F                 Jour de Marche ジュー ドゥ マルシェ                                                         Tel  03-6380-5234
http://www.jourdemarche.jp/

 

4月のスペシャルワイン

皆様こんにちは!

フレンチレストラン「Jour de Marche ジュー ドゥ マルシェ」のソムリエ前門です。

桜も満開となり、すっかり春めいてきました!当店も春の食材が続々と入荷しております!

また、今月16日をもちましてオープン1年を迎えることとなります。これも皆様方のおかげと感謝の気持ちでいっぱいです。

本当にありがとうございます。

つきましては、皆様に喜んでいただければと今月はいつも以上にスペシャルなワインをご用意いたしました!

s_1459737821476

ご存知の方も多いかと思います。

2000年 ジュブレ シャンベルタン 作り手はアンリ ルブルソーです!

今回も業者さんに無理を聞いていただき、数量限定で入荷いたしました!    グラス 1600円、ボトル 9500円の特別価格です!

ワインは、1919年にその父親が所有していたブドウ畑を再結集させドメーヌを興したのが、アンリ・ルブルソー将軍でした。その後を息子のピエール・ルブルソーが継ぎ、1980年代に至るまでドメーヌを大いに繁栄させました。
現在はアンリ・ルブルソー将軍のひ孫にあたる、ジャン・ド・シュレルが当主を務めており、彼のモットーは「Le vin est vivant(ワインは生きている)」です。また、「ピノ・ノワールは熟成させて楽しむもの」という信念の下、生産量の約半分はすぐにはリリースせず、カーヴで熟成させて飲み頃と判断してから販売するようにしています。飲み頃を迎えたピノ・ノワールを楽しむことができるのもこのドメーヌの大きな魅力の一つです。

オレンジ色がかった鮮やかな色調から熟成感が伺えます。香りは、赤い果実の香りにスミレ、枯葉、きのこ、リコリス、かすかなクローブなどのスパイス香、味わいは酸味のバランスが非常にすばらしく、後に軽めのタンニンが心地よく引き締め、非常に伸びのある余韻を感じていただけます。

グラスワインのペアリングコースにはメインディッシュ「鴨胸肉のロースト グロゼイユのソース」とともにご提供させていただきます。

s_DSC_5918

脂ののった、しっとりと焼き上げた鴨の肉質と、ソースの赤すぐりと赤い果実のの香りが余韻のなかで徐々に溶け合ってゆく、まさに至福のマリアージュ!

お早めにどうぞ!

皆様のご予約お待ちしております!

〒160-0002 東京都新宿区四谷坂町12-11 BITEN1F                 Jour de Marche ジュー ドゥ マルシェ                                                         Tel  03-6380-5234
http://www.jourdemarche.jp/

 

3月のスペシャルグラスワイン

皆様、こんにちは!

フレンチレストラン

「Jour de Marche  ジュー ドゥ マルシェ」ソムリエの前門です。

3月となり、まだまだ寒い日は続きますが、徐々に春の訪れを感じる季節となりましたね。当店でも春の食材が続々と入荷中です!

そしてワインも春といえば、ロゼワイン!

ということでこの時期にピッタリなワインをご提供させていただきます!

その名も、

Neuchâtel Oeuil de Perdrix 2013

 

s_DSC_0492

ヌーシャテル ウイユ・ド・ペルドリ 2013年です。

フランスのジュラ地方からみた山脈の反対側、つまりスイスのヌーシャテル州のワインです。ピノ・ノワールから作られる非常に淡いロゼでその色合いから「山ウズラの目」と名付けられたワインです。

香りは、さくらんぼなどの赤い果実の香りとオレンジの皮のような少しビターな香りが混ざります。味わいは、ギュっと凝縮した果実味、ミネラルと酸味のバランスがよくエレガントかつチャーミングな余韻が残ります。

程よいボリューム感がありこの時期にはピッタリです!

フランス、イタリア、ドイツに隣接されているスイスは、山岳地帯の決して恵まれない冷涼な気候下にありますが、湖による照り返し(反射光)や斜面を支える石垣が蓄える輻射熱など知恵と工夫の成果により非常に高品質なワインを作る国のひとつといえます。

しかし、国土の大半が山岳地帯ということによる生産量の少なさや、さらにワイン好きなスイス人による自国消費がほとんどであるため輸出量が極めて少ないとされております。

実際に私どもソムリエの間でも試験勉強で名前を聞くくらいで、飲む機会がある方の方が少ないかもしれません。

今回もこの2013年ヴィンテージ、5本のみの入荷です。なくなり次第終了となりますのでお早めにどうぞ!多くの方に楽しんで頂ければと思いますので、グラスのみで一杯1300円で提供いたします。

160-0002

新宿区四谷坂町12-11 BITEN 1F

Jour de Marche ジュー ドゥ マルシェ

Tel 03-6380-5234

http://www.jourdemarche.jp/

info@jourdemarche.jp