7月のグラスワイン


皆さまこんにちは!
フレンチレストラン Jour de Marcheのソムリエ前門です。

今月は、とても珍しいワインのご紹介です。

2015 ディデブリ ルカツィテリ

葡萄品種はルカツィテリ
生産国はジョージア(旧グルジア)です。

グルジアは旧ソ連時代の呼び名で日本での名称は2015年よりジョージアと変更されています。
そのジョージアは、トルコの北に位置し、ワインの歴史も8000年以上と世界最古。
特にクレオパトラがこよなく愛したことから、優れたジョージアワインは
「クレオパトラの涙」と呼ばれるそうです。

また、伝統的な蔵「マラニ」と壺「クヴェヴリ」を用いて発酵・熟成され、この伝統的な製法はが人々に根付いていることから、
ユネスコ無形文化遺産登録されております。

最近、ワイン業界でもジョージア・ワインとして注目されてますね。

さて、前置きはこのくらいで、肝心の味わいはといいますと、
外観はクリアな緑色を帯びた若々しい印象、香りは青りんごやハーブのような爽やかな香りに、
ほのかにサワークリームやヨーグルトのような香りも感じますね。味わいは、キリっとした酸味が心地よい辛口タイプ。

チーズを使ったような例えばシーザーサラダや魚介や野菜のマリネなどに合いそうですが、今月は、魚料理、「鱧のフリット ノイリープラットのソース」に合わせます。

淡白な味わいの鱧ですので、樽香の強いものですと、鱧本来の味や風味を全て消してしまいます。
フリットにして、レモンやお塩なら甲州のようなきりっとしたワインがよく合いますが、
バターとノイリープラットの薬草が香るブール・ブランソースですので、
すっきりしていながらもこの何とも言えないほんのりと乳製品系の香るワインがよく合います!

余談ですが、とある醸造家の方がおっしゃっていましたが、
ワインを造る際に普段の食事、特に発酵食品を食べるとその香りがワインに移ってしまうそうです。

お漬物を食べれば、漬物の香りが、納豆を食べれば納豆の香りが・・・。
発酵食品には菌がありますので、体に付着し醸造所内で浮遊しワインの中で増殖してしまうんだそうです。

ジョージアもヨーグルトを食べる文化があります。
本来、MLF(乳酸)発酵をしていなければ、乳酸系の香りは出てこないのですが、
きっとその影響もあるのだと私は勝手に納得しております。

他にも、いろいろと楽しんでいただけるワインをご用意しております!

ぜひ、ワイン・ペアリングでのご注文をお勧めいたします!